Category: Uncategorized

30分でお金を借りられる即日融資のキャッシング

急にお金が必要になった時に便利なのが、即日融資のキャッシングです。これだと午前中に申込めば、お昼ごろには借入れができますし、午後2時ごろまでに申込んでも、夕方にはお金を借りることができます。これだけ短時間でキャッシングができるその理由は、審査時間が30分程度と短い点にあります。
申込みは窓口、ネットいずれの方法でもできます。ネットの場合は、申込んでから30分ほどで審査結果を知らせるメールが届き、通った場合は口座にお金を振り込んでくれます。給料日前なのに、飲み会とか、あるいは結婚式のご祝儀などでお金が必要になった時、この即日融資のキャッシングはとても便利です。
ただ審査時間が短い分、金利がやや高めになる点に注意しましょう。また消費者金融が中心になっていますので、総量規制が発生します。総量規制は、年収の3分の1に当たる金額を限度額としていますので、他にも消費者金融のキャッシングを利用している場合は、借入れができないこともあります。

1時間で融資を受けられるキャッシング

キャッシングの中には即日融資を宣伝文句にしている所も決して珍しくありません。
この場合、申し込みをしたその日のうちにお金を貸して貰えると言う事になります。
ただ現在キャッシングを行っている金融機関の中には、スピード融資を行っている所も有り、そこを利用すれば30分から1時間程度で融資してもらえる事も有ります。
どうしてもすぐにお金を貸してもらいたいと言う時は、そういったサービスを展開している所を利用します。

ただ、即日融資を謳っている金融機関を利用する場合も、申し込みをするタイミングには充分気を付けなけれ場行けない場合があります。
実際に申込みから審査、そして契約までは短くても1時間程度必要となる事があります。
金融機関の営業終了時間ぎりぎりに行ってしまうと、営業時間内に契約まで終えられない可能性が出て来ます。
出来るだけその日のうちに融資を受けたいと思っているのであれば、大体1時間くらいは時間に余裕を持って申込みます。

年収の1/3以上のキャッシングはできません

貸金業法では、申請者の年収の1/3以上の融資ができない総量規制が定められています。
この総量規制は、融資を受けた金額の合計であり、もしも複数の社でキャッシングを利用できる状態で総量を超えてしまう恐れのある場合は、申し込み時に申請する限度枠を減らすか、他社と契約している限度枠の減枠申請をして減らす必要があります。
キャッシングも同様で、申し込みの際に申請する限度額の設定が年収の1/3以上となった場合は、ほぼ確実に審査で否決される事となります。
もしも審査に落ちてしまった場合、その記録は信用情報機関に一定期間、ネガティブ情報として保存され、他社から申し込んだとしても審査の際に参照され、否決される要因となります。
キャッシングの申し込みの際は、事前に自身の契約内容を把握し、総量規制の範囲内で可能な申請限度枠の金額を詳細に分析するのはもちろん、信用機関に無用なネガティブ情報が記録される事が無いように、慎重に検討する事が大切です。

急いでお金借りたい時に便利なキャッシングローン

急な出費が続いて、どうしても当日中にお金借りたい、という状況になってしまった時、即日審査をしてくれるキャッシングローンが便利です。
消費者金融で扱っている個人向けキャッシングローンは土日でも即日融資対応している所もあり、当日中にお金を借りたいという方にぴったりです。
初めての利用の方は30日間無利息というサービスや、なんどでも1週間無利息というサービスを展開している消費者金融もあり、給料日まで短期間キャッシングを利用したいという方であれば、無利息のサービスを行っている消費者金融を利用するととてもお得です。
返済方法は全国にあるコンビニATMや、提携銀行からの返済、お振込での返済と大手消費者金融の場合、外出先からの返済も慌てずに返済することができるので、返済期日に遅れる心配もありません。
また返済と同じく、借り入れもコンビニATMからすることができるので、旅行先でお金が足りなくなってしまったなどという時にも便利です。

キャッシングの少額融資は借りやすい

キャッシングの少額融資とは少ない金額の融資のことですが、一般的には消費者金融ならば10万円以下で銀行なら30万円以下と言われています。しかしこれは一般的な定義で、あくまでもその金融機関がいくらにするかで決まってきます。学生などの収入が不安定な人間が借りる場合は、この少額融資しか認められないこともあります。あくまでもこのレベルできちんと返済を行わない限り、増額申請などは認められない傾向があります。少額融資にはいい点もあります。収入証明書などがいらないことが普通ですし、電話連絡もない場合があります。ほんの少ししか必要としないならば、あまり多めに申請しない方が賢明です。多めの金額を申請してしまうと事故がない場合でも何故こんなに多くの金額が必要なのかということで、返済能力を疑われる可能性があります。こういう場合は審査に通らない可能性が非常に高くなります。実際に遅延を起こすタイプの人が多いのもこういう借り方をする人です。返済出来る金額で申請することが大事です

小口金融を利用したキャッシング

小口金融は少額の融資を行っているものです。一般には消費者金融が得意としているものですが、銀行でも口座保有者に対して少額での融資を行っているところもあります。これらのサービスはキャッシングと呼ばれています。
キャッシングの仕組みとしては、あらかじめ返済能力の審査を行い問題がなければ融資枠を設定して、その範囲内であれば自由に借り入れができるというものです。融資枠が少額な方ほど審査に通りやすいメリットがあるため、少額を借り入れる小口金融を専門に行っているところもあります。また消費者金融にしても銀行でも申込時に借り入れ希望金額を小さくすることで審査を通りやすくすることができます。
一方で融資枠に連動して金利が設定されますが、おおむね50万円以下であれば上限金利一杯が設定されます。金利は大手消費者金融や銀行であれば上限一杯の年18%が設定されるのが一般的です。一方で中小消費者金融などの場合には法定金利一杯の年20%が設定される場合があります。

クレジットカードのキャッシングの注意点について

クレジットカードにはショッピング機能の他にキャッシング機能が付いています。普段買い物で利用しているクレジットカードを利用して、お金を借りることが出来ます。
キャッシングの利用方法は、とても簡単です。コンビニエンスストアや銀行に設置されている提携のATMを利用して、いつでも自由にお金を借りることが出来ます。ショッピング枠とは別にキャッシング枠が設定されており、キャッシングの利用可能額の範囲内でしたら、何度でも融資を受けることが可能です。利用可能額が満額になった場合でも、返済をすれば再び枠が空いてキャッシングを利用することが出来ます。
このように非常に便利なキャッシングサービスですが、利用するには注意点もあります。キャッシュカードを使って預金口座から出金することと同じほど手軽に利用することが出来ますの、借金をしている感覚があまりしません。その為、使い過ぎてしまう危険性もあります。あくまでも借金であることを認識して、計画的に利用することが大切です。