年収の1/3以上のキャッシングはできません

貸金業法では、申請者の年収の1/3以上の融資ができない総量規制が定められています。
この総量規制は、融資を受けた金額の合計であり、もしも複数の社でキャッシングを利用できる状態で総量を超えてしまう恐れのある場合は、申し込み時に申請する限度枠を減らすか、他社と契約している限度枠の減枠申請をして減らす必要があります。
キャッシングも同様で、申し込みの際に申請する限度額の設定が年収の1/3以上となった場合は、ほぼ確実に審査で否決される事となります。
もしも審査に落ちてしまった場合、その記録は信用情報機関に一定期間、ネガティブ情報として保存され、他社から申し込んだとしても審査の際に参照され、否決される要因となります。
キャッシングの申し込みの際は、事前に自身の契約内容を把握し、総量規制の範囲内で可能な申請限度枠の金額を詳細に分析するのはもちろん、信用機関に無用なネガティブ情報が記録される事が無いように、慎重に検討する事が大切です。

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>